「食品添加物」トップ > 食品添加物

食品添加物

食品添加物は、「食品の製造の過程において又は加工もしくは保存の目的で、食品に添加、混和、湿潤その他の方法によって使用するもの」と定義されています。日本で使用許可されているのは、厚生労働大臣がその安全性・・・
夏が来ると思い出す・・・というわけではありませんが、夏の食卓にぴったりのアルコールといえば、「ビール」ですよね。ビールは、麦芽とホップ、またはこれに米、コーングリッツ、コーンスターチを用い、酵母で発酵・・・
最近は、ダイエットや虫歯予防のために、食品添加物である甘味料が広く人気を博していますが、その一方で、いわゆる「砂糖」も、嗜好の多様化のなかでさまざまなものが出回るようになっています。ひとくちに、砂糖と・・・
パン、特に朝食でお馴染みの「食パン」は、基本的に、小麦粉に食塩、糖類、油脂類、イースト(酵母)、乳製品、水などを加えて混ぜて生地を作り、発酵させて、ふんわりさせてから、分割、整形、および型に入れて、最・・・
ハムにはさまざまな食品添加物が含まれています。それらは、1.表示対象の食品添加物と、2.表示免除の食品添加物に大別されます。 1.表示対象の食品添加物 ●調味料(アミノ酸等)・・・うま味をつけ・・・
食品衛生法第6条には、次のような記述があります: 食品添加物は、「人の健康を損なうおそれのない場合を除いては、添加物ならびにこれを含む製剤及び食品は、これを販売し、製造し、輸入し、加工し、使用し・・・
現在、食品はますます国際的に流通するようになりつつあります。特に日本のように食糧自給率が低い国においては、輸入加工食品は、私たちの日常の食卓を支える重要なものとなっています。このような国際的な傾向に対・・・
食糧自給率が低い日本では、数多くの輸入加工食品が私たちの日常の食卓を支えています。食品添加物については、使用した食品添加物は原材料の一部と考えられ、表示するというのが、国際的に共通の概念となっています・・・
膨張剤は、ふくらし粉、ベーキングパウダーとも呼ばれる食品添加物です。ケーキや蒸しパン、まんじゅうなど、お菓子作りの過程で用いられます。加熱によって発生する二酸化炭素やアンモニアガスを利用するものです。・・・
輸入食品があたりまえのように私たちの食卓に上るようになった以上、海外で製造、加工された食品にどのような食品添加物が使われ、またそれがどのように表示されているのか、あるいは表示されていないのか、と知るこ・・・
乳化というのは、水と油のように本来混じりにくいものを均一に混合することをいいます。 たとえば、マヨネーズの場合、原材料には、卵と酢、サラダ油が含まれますが、卵の卵黄中に含まれるレシチンが乳化剤として・・・
食品のおいしさは、甘味、酸味、塩味、苦味およびうま味という基本的な個々の味と、それら全体のバランスの良さで決まります。 調味料として用いられる食品添加物は、食品にうま味や塩味などを添加することで、味・・・
漂白というのは、加工食品の原料に含まれる好ましくない色素成分や着色物質を無色にして色調を白くしたり、鮮明で食欲をそそる色調にととのえることをいいます。このために用いられる食品添加物が、漂白剤です。 ・・・
食品添加物は、大きく次の3つに大別されます: 1.用途名を併記しなければならない食品添加物 甘味料、着色料、保存料、増粘安定剤、酸化防止剤、発色剤、漂白剤、防かび剤 2.一括名表記が可能な食品添・・・
食品添加物は、1.用途名を併記しなければならない食品添加物(甘味料、着色料、保存料、増粘安定剤、酸化防止剤、発色剤、漂白剤、防かび剤)と、2.一括名表記が可能な食品添加物(イーストフード、ガムペースト・・・
健康食品として人気が高いヨーグルトにも、多くの食品添加物が含まれています。 牛乳などの乳製品は、普通の食品とは別に規定されています。食品衛生法の「乳等省令(乳及び乳製品の成分規格等に関する省令)」に・・・
コーラやサイダー、フルーツフレーバー系飲料、クリームソーダ、およびミネラルやビタミンを加えた栄養ドリンク・・・いずれも炭酸飲料に分類されます。ブドウ糖や砂糖などの糖類に、さまざまな食品添加物を加えたシ・・・
かまぼこには、蒸したかまぼこ類、ちくわなどの焼いたかまぼこ類。はんぺんなどのゆでたかまぼこ類、または揚げたかまぼこ類などがあります。 これらの魚肉加工食品(水産練り製品)は、新鮮な魚を、内臓や骨・・・
アイスクリーム類は、乳成分の量から3つに分けられます: 1.アイスクリーム・・・乳成分の含有量が最も多い類。 2.アイスミルク・・・アイスクリームよりもやや乳成分の含有量が少ないタイプ。 3.ラ・・・
光沢剤 食品添加物として使用される光沢剤は、大きく次の4つに分類されます: 1.植物性・・・カルナウバロウなど。 2.動物性・・・ミツロウなど。 3.鉱物性のワックス類・・・マイクロクリスタン・・・
酒、パン、チーズなどは、麹(こうじ)や酵母(こうぼ)などの微生物に含まれる酵素(こうそ)の働きを利用して作られています。食品添加物として使用される酵素の大部分は、製造、加工の工程で機能を発揮するだけで・・・
味覚には、甘味、酸味、塩味、うま味、そして苦味があります。苦味は、強すぎると敬遠されますが、適度な苦みは、味にしまりを与え、食品のおいしさを増す効果があります。 たとえば、ビールの味を特徴づけるホッ・・・
私たちの食生活にすっかり定着した「インスタントラーメン」ですが、表示対象となっている食品添加物だけでもどのようなものが使用されているのでしょうか? たとえば、表示をみると、以下のような食品添加物・・・
食品添加物のなかには、用途名併記で表示されるものと、一括名表示が可能な食品添加物があります。たとえば、甘味料の場合、たとえば甘味料のひとつ「アスパルテーム」を使用した場合、「甘味料(アスパルテーム)」・・・
増粘安定剤は、ソースなどの粘度を増強したり、ドレッシングの乳化や分散を安定させる効果がある食品添加物です。そのほか、寒天、こんにゃく、豆腐、ゼラチンなど、ゼリー状に固化する作用(ゲル化)があります。増・・・
従来、人間は塩やスパイス、砂糖などを用いて食品の保存性を高めてきました。現在は、食品添加物によってその効果を高めます。 保存料は、食品の保存だけでなく、食品の腐敗、変敗の原因となる微生物の増殖を抑え・・・
着色料は、食品の色を一定に保ち、食品の加工や保存による変色や退色を補う役割をする主要な食品添加物のひとつです。色調は、味覚そのものではありませんが、食品の彩りや楽しさを演出する大切な要素です。 ・・・
甘味料は、食品添加物のなかでも代表的なものです。特に最近は、虫歯や肥満を気にされる方々が砂糖やはちみつなどの天然の甘みを敬遠する傾向があることから、ますます日常的に用いられるようになっています。 ・・・
主要な食品添加物のひとつ、酸化防止剤には次のような作用があります: 1.油脂食品の酸化による色調や風味の劣化を防止します。 2.果実加工品や漬物などの変色、褐変を防止します。 3.不飽和脂肪酸な・・・
普段私たちが口にしている食品のなかには、数多くの食品添加物が含まれており、なかには私たちがよく理解しないままに摂取しているものもあります。 食品添加物のなかには、主なものとして甘味料、着色料、保存料・・・

カテゴリー「食品添加物」のトップへ↑