生活と文化のTOPに戻る
「生活と文化」トップ >  はちみつ > はちみつジャム

はちみつジャム

「朝食のパンには、はちみつが欠かせない!」とおっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。はちみつは、その大部分の成分が糖質です。しかも単糖類といって、それ以上分解する必要のないブドウ糖と果糖がほとんどであることから、朝、起きぬけでぼ〜っとした脳に即効的にエネルギーを供給することができます。まさしく朝にぴったりの食品といえるでしょう。
はちみつだけでもおいしいのですが、さまざまな果物とあわせて、ジャムにしてみてはどうでしょう?
ブルーベリー、イチゴ、梅、あるいはレモン・・・どのような果物とも相性ばっちりです!

簡単なはちみつジャムのつくりかたを、ジャムの定番ともいえる、イチゴを使ってご紹介します。

はちみつ&イチゴジャム
〈作り方〉
●はちみつ・・・400g

●イチゴ・・・1キログラム
●レモン汁・・・大さじ1強

〈作り方〉
1.イチゴは洗ってへたをとり、水気をよくふきとっておきます。
2.ボウルにイチゴとはちみつを全体がよくからむように混ぜ、ラップをして約2時間置きます。
3.こしきで2をこしてイチゴの果実を取り出します。
4.果実を取り除いた、シロップだけを大きめのなべに、木べらで混ぜながら弱火で煮ます。
5.泡が大きくなったら、取り出しておいた果実とレモン汁を加えます。
6.果実がシロップを十分に吸ったところで火を止め、煮沸消毒したビンに詰めます。

朝食のパンに、あるいはお子様のおやつのホットケーキに・・・たっぷりと塗ってお召し上がりください。

関連コンテンツ

はちみつの栄養成分

はちみつは、単に甘みをもたらす「天然の甘味料」というだけではありません。その栄養価の高さからも、非常に注目に値するすばらしい健康食品なのです。 天然のはちみつには、実にさまざまな栄養素が含まれて・・・

肉料理とはちみつ

肉料理にはちみつを少しプラスすると、はちみつの主成分であるブドウ糖と果糖が肉の収縮を防ぎ、硬くなるのを防ぐことから、ジューシーでふっくらやわらかく仕上がることは、結構、知られていますよね。 酢豚や照・・・

はちみつの甘み成分

花のみつにはもともと、ショ糖が多く含まれています。このみつは、はちによって運ばれ、集められて「はちみつ」となるのですが、このとき、はちの唾液のなかに含まれている酵素によって、ショ糖は分解され、大部分が・・・

はちみつの糖質

はちみつはさまざまな天然の栄養成分を含む、優れた栄養食品です。その豊富な成分の80パーセントを占めるのが、糖分です。 わたしの身体にとって必要な栄養素は、大きく次の6つに分類されます:「糖質」、・・・

脳のエネルギー

脳は、(たとえどんなに頭の良い人でも!)体重の2パーセントほどの重量しかありません。ところがこの脳は、基礎代謝量の約18パーセントのエネルギーを消費する「大食漢」なのです。 わたしは、何もしてい・・・

はちみつの賞味期限

通常、食品には「賞味期限」がありますよね。 はちみつにも賞味期限があるのでしょうか? 答えは・・・「yes」であり、「no」でもあり・・・。 日本では1996年4月からはちみつにも、ほかの食品・・・

肉料理とはちみつ

はちみつは、その成分の約80パーセントが糖分で、しかもそのほとんどがブドウ糖と果糖です。ブドウ糖と果糖は、高い浸透性が特長です。この浸透性という特長を料理に生かしたものが、はちみつを肉料理に使うという・・・

疲労とはちみつ

マラソン選手が、レースの途中で水分を補給するとき、特性のはちみつドリンクを用意しているということをよく聞きますよね? あれは、はちみつは非常に吸収の速いエネルギー源だからです。はちみつは、80パーセン・・・

はちみつの見分け方

はちみつは一般的に、うすい黄色で、澄んでいるものが上質されます。とはいえ、はちみつは、ミツバチがいろいろな花から採集してきたものです。みかん、レンゲ草、アカシア、そば、トチ、ナシ、そのほか栗やナラなど・・・

甘味料

砂糖や水あめ、はちみつ、メープルシロップといった、甘みは、わたしたちにとってエネルギー源としての効果だけでなく、精神的な面でも非常に重要な働きをもっています。食生活の多様化と健康志向(特に肥満対策)か・・・

料理への活用

はちみつは、朝食のパンに塗って食べたり、100パーセント果汁に加えて栄養満天のジュースにしたり・・・と、そのまま食べてももちろんおいしいのですが、調味料として、ちょっとした隠し味として、利用すると、お・・・

はちみつ漬け

皆さんは、日ごろ、はちみつをどのように召し上がっていらっしゃるでしょうか? 朝食のパンに塗ったり、ホットケーキにかけたり・・・それとも、お料理の際にお砂糖代わりに利用されていらっしゃるというか方もいら・・・

結晶化したはちみつの溶かし方

はちみつは気温が下がると、白くにごってきます。これはブドウ糖が固まったためで、品質にはまったく関係がありません。花粉が除去されていない「本物」のはちみつの証拠といえるでしょう。むしろ、冬になっても白濁・・・

レンゲとアカシアのはちみつ

はちみつは、ミツバチがいろいろな花から採集してきたみつから作られます。したがってひとくちに「はちみつ」といっても、ミツバチがどの花から採集してきたかによってその風味も、香りも、色も・・・微妙に異なりま・・・

さまざまなはちみつ

はちみつは、ミツバチがさまざまな花から集めてきたもので、どの花から採集してきたかでその風味や味、香り、色など、独特の特長があります。日本で最も知られているのは、レンゲやアカシアなどですが、そのほかにも・・・

世界のはちみつ

はちみつは、ミツバチが花から集めてきたものです。そのため、ミツバチがどの花から採集してきたかでさまざまな味や風味、香りが異なります。各花のはちみつの個性を味わうのも、はちみつファンの醍醐味かもしれませ・・・

アメリカで愛されるはちみつ

世界ではそれぞれの地域に多くみられる花々からとったはちみつが愛されています。たとえば、アメリカではぼだいじゅの花のはちみつがそのままで、あるいはお菓子に用いられたりして非常に一般的に愛されています。と・・・

中国のはちみつ

日本は中国からさまざまな食品を輸入していますが、はちみつもそのひとつです。 中国の雲南省は、春の訪れが早く、2月のはじめ、日本ではまだ梅のつぼみがようやくほころびかけたかと思う頃から、菜の花がいっせい・・・

蜜蝋(みつろう)

皆さんは、「蜜蝋(みつろう)」をご存知でしょうか? 蜜蝋(みつろう)というのは、働きバチの腹部から分泌されるロウです。ミツバチの巣は、このロウから作られているのです。蜜蝋(みつろう)には、ミツバチが・・・


「はちみつジャム」のトップへ↑
「生活と文化」のトップへ↑