生活と文化のTOPに戻る
「生活と文化」トップ > 魚料理 レシピ

魚料理 レシピ

赤唐辛子を入れた三杯酢に、揚げたてのワカサギをジュッと漬け込みます。カラッと揚げたワカサギは、骨ごと食べることができ、カルシウム満点の魚料理です。酢には、クエン酸をはじめ、酸味のもとになる60種類以上・・・
タラやタイなどの白身の魚をレモン風味のバターをのせてオーブンで焼きます。バターが、たんぱくな白身の魚にコクを与え、レモンの風味が食欲をそそります。また、パセリは、彩りを美しくするだけでなく、栄養的にも・・・
手開きしたイワシを卵の衣に包んでふんわりと焼きます。焼きすぎると卵のふわふわ感がなくなってしまい、せっかくの卵の美しい黄色が損なわれてします。パセリのみじん切りを衣に加えることで風味と色合いが美しくな・・・
たんぱくな白身魚を卵白の衣をつけて、低めの油でさっと揚げて、セロリと炒め合わせます。ふんわりとした魚と、セロリのシャキッとした歯ごたえと香りが生きた、塩味の炒めものです。あっさりとしながらも満足感のあ・・・
小あじをカラリと揚げて、たっぷりの野菜といっしょにマリネにします。魚は、少量の牛乳をかけて少しおいておくと生臭みが消えておいしくいただけます。アジなどの青い背の魚には、多く含まれるDHAやEPAは血液・・・
カニを卵とじにした、お馴染みの中華料理「フウヨウハイ」です。たっぷりの甘酢あんをかけていただきます。そのままいただいてももちろんおいしいですし、ご飯にのせれば、天津飯になりますね。 カニを使った魚料・・・
白身の魚を中華だしの卵液で蒸した、中華風茶碗蒸しです。白身の魚は、タイやひらめ、タラなど、がいいでしょう。たんぱくな身を卵液がやさしく包み込み、食欲がないときでもおいしく召し上がっていただけます。蒸し・・・
いつものスクランブルエッグにエビを加えることで、豪華さがアップ!エビのピンク色と卵の黄色が美しい一品です。エビの身には、「タウリン」という成分が含まれています。タウリンには血圧を正常に保つ働きがあるこ・・・
手開きしたイワシにカレー風味のマヨネーズソースを塗り、パン粉をつけて揚げます。特性ソースで魚の臭みも気にならず、魚嫌いのお子様にもおいしく召し上がっていただけるでしょう。 イワシを使った魚料理 レシ・・・
タラは、非常に淡白な魚なので、コクのある生クリームと牛乳で仕上げたクリームシチューにとてもよく合います。牛乳は、消化吸収のよいカルシウム源であり、栄養バランスが取れた完全食品といわれます。また、良質の・・・
カレイの切り身をさっぱりと煮、ニンジンやサヤエンドウ、たけのこなど、たっぷりの野菜をあんかけにしていただきます。とろみをつけることで味が魚によくからみ、ぐんと食べやすくなります。野菜のうま味と栄養が加・・・
「海のミルク」とも呼ばれる、カキは、牛乳に匹敵するバランスのとれた栄養食品です。11〜4月のまがきは、グリコーゲンをたっぷりと含み、おいしさと栄養価がアップしままた、みそには、酵母や乳酸菌など数々の有・・・
秋刀魚を、ゴマやニンニク、ショウガ、赤唐辛子をたっぷり入れた、特性のピリ辛タレにつけて香ばしく焼きます。焼きながらも漬けダレをからませることで味がよくつき、白いご飯がほしくなる魚料理です。 秋刀魚は・・・
みそを加えることでカキの生臭さを和らげ、栄養価をアップさせます。カキには、ビタミンAが豊富に含まれ、目や肌のトラブルに効果があるといわれます。内臓の部分が厚く、ふっくらとしてはりのあるものが新鮮です。・・・
鮭にアーモンドの衣をつけてカラリと揚げます。パリパリとしたアーモンドの触感と香ばしさが独特で、スナック感覚でいただけます。見た目にもおしゃれで、おもてなしにもぴったりな魚料理です。 鮭は、たんぱく質を・・・
タイ、ひらめ、タラなどの白身の魚を白ワインで蒸し煮にし、冷たく冷やし、マヨネーズとパセリを混ぜた、特性ソースでいただきます。料理の脇役としてたびたび登場する「パセリ」。ここでも特性ソースに使われていま・・・
エビとイカを、白ワインで蒸し煮にします。バターで炒めた玉ねぎの自然な甘さが加わり、まろやかで上品な魚介料理になります。 エビやイカの身には、「タウリン」という成分が含まれています。タウリンには血圧を正・・・
タコとワカメを酢味噌で和えます。材料はすべてよく冷蔵庫で冷やしておき、いただく直前に酢味噌で和えます。材料の水気をよくきっておくことが、おいしく作る秘訣です。タコの代わりに、ゆでたイカやエビでもおいし・・・
新鮮な小あじを三枚におろし、ショウガとアサツキ加えてたたきます。ショウガとアサツキが、魚の生臭みを和らげ、食べやすくしてくれます。お酒の肴にピッタリの魚料理です。新鮮なアジが手に入ったら、是非、手作り・・・
アジを香ばしい、ニンニク風味のバターで焼きます。アジの皮がパリッとしておいしいです。アジは皮の部分に、ビタミンB2が豊富に含まれています。ビタミンB2には、細胞の成長と再生を助ける働きがあります。是非・・・
イワシのような小さな魚の手開きは意外と簡単! 新鮮なイワシが手に入ったら、是非、挑戦してみてください。みそを加えてつみれにすれば、魚の臭みも気にならずにいただくことができます。お子様からおばあちゃん、・・・
高温でカラリと揚げたアジに、さっと煮た大根おろしをかけていただきます。さっぱりとして、かつボリュームのある魚料理です。焼き魚としてお馴染みの魚ですが、いつも同じでは飽きてしまいます。時には煮てみたり、・・・
イワシを手開きし、酢でしめます。食べ応えのある酢の物となります。もっと手軽に作るには、シメサバを使ってもいいですね。 イワシを使った魚料理 レシピ イワシとキュウリ、わかめの酢の物 ◆材料・・・
小麦粉をまぶしてこんがりと焼き、レモンの風味を添えたさわらのムニエルです。風味豊かなバターソースをたっぷりかけていただきます。おいしく作る秘訣は、さわらをさっと水洗いし、水気を充分にふき取って、塩、コ・・・
酢でしめたイワシを、白ごまたっぷりの豆腐の衣で和えた、白和えです。ここでは、イワシを手開きして使いましたが、手軽に市販のシメサバでもおいしくできます。 イワシを使った魚料理 レシピ イワシの白和・・・
健康のためにも魚料理を積極的にいただきたいものです。魚のおいしさを生かした「船場汁(せんばじる)」のレシピをご紹介します。  「船場汁(せんばじる)」は、商人の町、船場(大阪)で古くから親しまれてき・・・
新鮮なイワシを手開きし、酢でしめて、大根おろしで和えます。お子様にも是非、たくさん食べていただきたい酢の物です。 イワシを使った魚料理 レシピ イワシのみぞれ和え ◆材料(4人分) ●イ・・・
鯨の肉の角煮をなつかしく思い出される方もいらっしゃるかもしれませんね。カツオを使ってもおいしくできます。カツオは、節おろしにした両端のくずなどを角煮に利用するといいでしょう。いっしょに煮込むショウガに・・・
栄養満点のイワシと卯の花の組み合わせた、魚料理です。イワシは、新鮮なものを求め、手開きします。イワシの代わりにシメサバを使ってもおいしくできます。卯の花は、冷ましてからイワシと和えることが大切です。 ・・・
寒い冬に是非、お勧めの熱々なべものです。サケを、こんぶでとっただしにみそを加えたなかで煮ます。焼き魚としてお馴染みの魚ですが、いつも同じでは飽きてしまいます。時には鍋物の主役にしてみてもいいかもしれま・・・

カテゴリー「魚料理 レシピ」のトップへ↑