生活と文化のTOPに戻る
「生活と文化」トップ >  地球温暖化 対策 > 京都議定書の採択・発効を受けて

京都議定書の採択・発効を受けて

1997年、地球温暖化を防止するため温室効果ガス削減を義務付けた京都議定書が採択されました。
この京都議定書の採択を受け、翌年、1998年に地球温暖化対策推進法が公布され、1999年4月に施行されました。
この法律では、国・地方自治体・事業者・国民が一体となって取り組むべき役割が明言されています。
地球温暖化を防止し、京都議定書での温室効果ガス削減義務達成を目指しています。
2006年の改正では、温室効果ガスを大量に排出する者に関しては、温室効果ガスの排出量算定と国への報告を義務付けています。

また、京都議定書の発効を受けて、2005年4月に京都議定書目標計画が策定されました。
2008年から2012年にかけて、1990年比で温室効果ガスを6%削減するためですが、2005年現在で1990年比7.7%増であり、削減のために一層の努力が必要とされています。

省エネルギー法は1979年に制定された法律ですが、京都議定書の採択を受けた1999年の改正では、トップランナー方式の基準の導入を取り入れました。
トップランナー方式とは、省エネルギー基準をそれぞれの製品において、現在販売されている製品のうち最もエネルギー消費効率の優れているものの性能以上にするという、自動車、テレビ、エアコン等のエネルギー消費効率を向上させる対策の推進です。
2006年の改正施行では、液晶・プラズマTV・DVDレコーダー、重量車等を対象追加しました。

このように、京都議定書の削減義務達成を目指して、様々な法律等が作られました。
それは地球温暖化を防止するための対策につながるのです。
国や事業者だけでなく、国民もまた省エネルギーを考えた行動をとる必要があります。

関連コンテンツ

地球温暖化とは

18世紀後半から始まった産業革命以来、石炭や石油を利用して人間の活動が飛躍的に拡大しました。 その結果、温室効果ガスといわれる地球の温暖化を促進する二酸化炭素などが大量に増加し、地球の気温を上昇させ・・・

地球温暖化の影響

地球温暖化が進行して気温が上昇すると気候変動により様々な影響が出ると言われています。 どのような影響が考えられるのでしょうか。 20世紀末の気温と比較して考えてみましょう。 ・20世紀末と比・・・

地球温暖化のメカニズム

地球温暖化とは大気中の温室効果ガスの濃度が高まり、地球の気温が上昇して地球環境に深刻な影響を与えることです。 温室効果ガスとは、地球を温室のように包んで動植物にとって住み良い温度に保っている気体で、・・・

京都議定書

1997年、京都で行われた気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)において、気候変動枠組み条約の具体的目標を定めるための京都議定書が採択されました。 京都議定書は気候変動枠組み条約での、地球温暖・・・

京都議定書の京都メカニズム

1997年に採択された京都議定書では、温室効果ガス削減のための緩和措置が導入されています。 まず、森林による二酸化炭素の吸収量を削減の数値にカウントします。 そして、排出量取引・共同実施(JI)・・・・

3R

経済の発展により、日本人の生活は大量生産、大量消費、大量廃棄と廃棄物を大量に増やす結果になりました。 そのために廃棄物処理場はいっぱいになり、廃棄物を捨てる場所が残り少なくなっています。 また、廃・・・

環境基本法

1993年に制定された環境に関する基本的な考え方や環境保全に関する施策の基本を定めた法律です。 2000年に公布され、2001年に施行された循環型社会形成推進基本法と共に、日本の環境関連の法律の1つ・・・

廃棄物処理法

廃棄物処理法は1970年に廃棄物の定義、処理責任の所在、処理方法、処理施設、処理業の基準などを定めて制定された法律です。 これまでなんども大きな改正がされており、これまでの焼却、埋め立て中心のゴミ処・・・

容器包装リサイクル法

容器包装ゴミの減量とリサイクルの推進を目的に、容器包装リサイクル法は1995年に制定され、2000年4月に完全施行されました。 この法律の中で、消費者は容器包装を分別、市町村は分別回収、事業者は再商・・・

家電リサイクル法

廃棄物減量と循環型社会を目指した容器包装リサイクル法などに続いて、家電リサイクル法は、2001年4月に施行されました。 対象家電はブラウン管テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機で、2004年に冷凍庫が追・・・

食品リサイクル法と建設リサイクル法

消費者の食のスタイルが大きく変化し、食品メーカー、スーパー、ホテル、レストランなどからの食品の売れ残りの大量廃棄や食べ残しが出るようになり、食料資源の浪費が問題になりました。 このため、食料品の大量・・・

自動車リサイクル法

使用済み自動車は中古部品や使用金属の回収の視点から価値が高く、法律の施行前も解体業者によってリサイクルが進んでいました。 しかし、車の解体や破砕の後に残る廃棄物であるシュレッダー・ダストの処分費が産・・・

チーム・マイナス6%

2005年2月に発効された京都議定書により、日本は1990年比で2008年〜2012年の間に温室効果ガスを6%削減しなければなりません。 その対策の1つとしての国民運動がチーム・マイナス6%です。 チ・・・

クールビズ、ウォームビズ

2005年の夏、オフォスでの冷房温度28℃を定着させるための対策として提案されたのがクールビズです。 上着を脱ぎ、ネクタイをはずすと体感温度が2℃下がることから、オフォスでの快適なファッションとして提・・・

化石燃料と再生可能エネルギー

化石燃料とは、1億年以上前の地中に埋もれた動植物が時間をかけて変化してできた燃料で、石炭、石油、天然ガスなどのこと。 18世紀、イギリスで始まった産業革命では、石炭を燃料とする蒸気機関車の発明から、飛・・・

原子力発電

原子力発電とは、ウランなど核燃料が原子炉の中で核分裂するときに出る高温・高圧の蒸気を利用して発電することです。 日本では、1966年に東海発電所が最初に原子力発電を始めました。 ウランはオーストラリア・・・

太陽エネルギーと風力発電

再生可能エネルギー(自然エネルギー)は、化石燃料とは違い、太陽が照り続ける限り枯渇しないエネルギーです。 現在、地球温暖化抑制の対策として導入が図られています。 再生可能エネルギーの中でも、導入が進・・・

バイオマスエネルギー その1

バイオ(生物)マス(量)とは、家畜の排泄物や生ゴミ、木屑などの動植物から生まれた再生可能な有機資源のことです。 家畜の排泄物のたい肥利用・メタンガスの生成、製材工場等の残材からのエタノールの抽出、下水・・・

バイオマスエネルギー その2

2002年に閣議決定されたバイオマス・ニッポン総合戦略では、バイオマスを廃棄物系バイオマス、未利用バイオマス、資源作物の3つに分けています。 廃棄物系バイオマスとは、家畜排泄物、下水汚泥、パルプ廃液、・・・