小論文のTOPに戻る


課題文型2

近年の就職や大学試験で増えているのが、課題文型の小論文です。主な書き方は1で説明しましたが、ここでは「要約」について述べていきたいと思います。
課題文では難しい専門的なものから、比較的やさしい文章のものまで様々なものが出題されます。
そこで、就職の担当者は本当にこの課題文をあなたが適切に読んでいるのかを確かめるために「要約」をさせることがあるわけです。
具体的には「本文を○○字以内で要約しなさい」という形で出題されます。もちろん、要約だけではなく、その上で考えを問う論文もあるのですけれどもね。

要約は苦手な人がいるかもしれませんが、実際は簡単です。
課題文の流れに沿って要約していくだけですから、あなたの考えなどは一切いりません。
段落ごとに、ポイントになっている文を見つけていきます。おそらくキーワードもあると思われます。具体例が課題文にあると思いますが、これは重要ではありません。
段落ごとにポイントになる一文を見つけることができたら、これを順序良くつなげていくだけです。入れ替えてはいけませんよ。
ただつなげただけでは、とても読みにくい文章になってしまいますから、接続詞などを変換してまとまったものにしましょう。

要約の書き方として、一字下げる必要はありません。また、行頭に句読点がきたとしてもそのままでいいのです。
小論文の書き方とはこの点が異なるので注意しましょう。そして字数はできるだけいっぱいまで使いましょう。

関連コンテンツ

テーマ型1

小論文には出題にパターンがありますが、大きく分けて3つのパターンです。この一つ一つのパターンによって、書き方も異なってきますので見ていきましょう。 ●テーマ型 就職試験と併用して小論文が出題さ・・・

課題文型1

テーマ型ほど多くはないかもしれませんが、このパターンも書き方を知る上で無視はできません。 課題文型とは、添えられている課題文を読んで、そのことについての出題に答えていく小論文です。 朝日新聞の「天・・・

データ型

これはおそらく一番少ないパターンだと思われます。就職に際して、データを示してそれを論じていくことを重視する会社が試験として採用するくらいだとは思います。 ですが、念のため記しておきますね。 名前の・・・

テーマ型2

それでは、具体的にどのような書き方をすればよいか、述べていきたいと思います。 テーマ型の小論文で、「最近あなたが気になったニュースを一つあげ、そのことについてあなたの考えを述べなさい」と出題され・・・

テーマ型3

就職試験でテーマ型小論文の問題文を読んだら、自分の立場・考えをまず確定させるといいと思います。自分の立場を「主題」にするのですが、これは後に「主題の決め方」として述べていきます。 小論文の柱となる「・・・


「課題文型2」のトップへ↑
「小論文」のトップへ↑