さあ、禁煙に挑戦!のTOPに戻る

ハーブシガレット

禁煙に関する書籍やグッズが数多く発売され、一体どの方法が自分に合っているのかと、タバコをやめたいけどなかなかやめられず効果的な方法を探し求める人の頭を悩ませています。
禁煙に成功した人から「これが効果的だったよ」と聞いても、同じ方法で万人が禁煙できるかと言うと、残念ながらそうはいきません。
タバコへの依存度、生活パターンなどにもよるからです。

たくさんの禁煙グッズの中に、ハーブシガレットというものがあります。
これで禁煙に成功した人の話を聞いたことがあります。
ハーブシガレットは天然のハーブを原料とし、ニコチンはまったく含まれていません。
そのためニコチン中毒になってしまう心配はありません。
禁煙を始めてしばらく経つと、ニコチンはからだから抜けるのですが、喫煙行為を長く続けていた習慣を脳が覚えていて、ふとした瞬間にタバコが吸いたくなるそうです。
そんなときにこのハーブシガレットを吸うと、煙を吸うことで「喫煙した」という満足感は得られるそうです。
しかしニコチンが含まれていないので、せっかくニコチン中毒が治まったからだが再びニコチンに犯されることはありません。

つまり、ニコチン切れによる離脱症状の緩和にはなりませんが、喫煙行為に対する欲求は満たされるわけです。
ハーブシガレットを使った禁煙は、煙は吸い続けるのでただしくは「禁煙」ではなく「禁ニコチン」かもしれませんね。
しかし普通のニコチンを含んだタバコより値段が高いため、禁煙前よりは本数は減ることになるでしょう。
関連コンテンツ

離煙パイプ

好きなだけ何本でも吸ってください!とのキャッチフレーズで客寄せしているかと感じたいたが、確かに!納得出来る。 禁煙の本には「我慢」、「○○」だとか「深呼吸をする」とか(このサイト上でも)書いてあ・・・

ニコチンパッチ

タバコをやめたくて禁煙の方法を調べていくと、ニコチンパッチなどの禁煙グッズが出てくると思います。 これは、皮膚にニコチン含有のパッチを貼ることで、血液中のニコチン濃度を維持しつつタバコを吸わずにいら・・・

ニコチンガム

禁煙補助剤の代表格にニコチンガムがありますが、ニコチンガムの性質を理解してからでないと何だ効かないじゃないかと思いがちです。ニコチンパッチ製剤やニコチンガム製剤を使用した場合、ニコチンは皮ふや口腔粘膜・・・

日本での禁煙運動の始まり

日本での禁煙の始まりは、1978年2月、有志による「嫌煙権確立をめざす人びとの会」の発足を機に非喫煙者は「きれいな空気を吸う権利」がありこの権利を求める「嫌煙権運動」が提唱されました。このことは当時の・・・