家庭菜園の土作りのTOPに戻る
「家庭菜園の土作り」トップ >  家庭菜園 土作り > レタスの土作りと施肥

レタスの土作りと施肥

夏、暑いときにフレッシュのレタスサラダは本当においしいものですよね。新鮮な採りたてをいただくためにも是非、家庭菜園で手作りしたいところです。しかし、レタスは、冷涼な気候を好み、夏の暑さにはめっぽう弱く、また暑さにあたるとたちまち腐敗してしまうため、市場では、夏の栽培は高冷地にまかされています。家庭菜園では、3月下旬にタネをまき、7月に収穫する初夏どりか、8月にタネをまいて11〜12月に収穫する秋どり、もしくは11月にタネをまいて4月に収穫する春どり、など、いずれも盛夏の収穫をさけるようにするといいですね。
レタスというと、生のままサラダとしていただくのがお馴染みの食べ方ですが、ミルク仕立てのスープに入れると実においしいです!レタスそのものは淡白な味なので、ベーコンやロースハムを加えるとボリュームが出ます。びっくりするくらいたくさんの量をいただくことができます!

畑の準備と施肥
★土作り
酸性土に弱いことから、植え付け前に早めに畑に石灰をまき、中和し、よく耕しておきましょう。
元肥
畝間45センチメートル、深さ15センチメートルほどのくわ幅の溝を掘り、1メートル間隔で以下の元肥を与え、土を戻しておきます。
・堆肥・・・4〜5握り
・化成肥料・・・大さじ2〜3
・油かす・・・大さじ2〜3

★追肥
植え付け後、15〜20日と、その後半月ごとに1回、合計3回追肥をします。1回の分量は、10株あたり化成肥料大さじ2〜3杯ほどです。株の回りにばらまき、土を軽く混ぜ合わせておきます。
関連コンテンツ

サヤエンドウの土作りと施肥

水はけがよく日当たりの良い場所ならば、土質は選びません。ただし、酸性、過湿、連作は嫌いますので注意しましょう。家庭菜園に向く野菜で、栽培の難易度はさほど高くありません。 品種は、若さやを利用する・・・

インゲンマメの土作りと施肥

インゲンマメは、土質を選ばず、どこででも作れますので、家庭菜園で作りやすい野菜です。ただし、酸性土は特に嫌いますので注意しましょう。また、排水の悪い場所も栽培に不適切です。 インゲンマメは、つるあり・・・

セロリの土作りと施肥

セロリは、強い芳香とシャキッとした歯ごたえで最近、人気急上昇の野菜です。サラダや肉料理の付け合わせとしてだけでなく、スープに入れてもGood! スープの香り付けには、小株の「スープセロリ」が育てやすく・・・

ナスの土作りと施肥

長ナス、小ナス、丸ナスなど、大きさや形状がさまざまで、種類が豊富なナスは、家庭料理のお馴染み野菜です。秋までの長い期間収穫できることから、家庭菜園で楽しく栽培していただきたい野菜です。ナスは、生育がよ・・・

ニンジンの土作りと施肥

最近では、ミニキャロットやベビーキャロットなど、一段とおしゃれなって人気があるニンジン。冷涼な気候を好み、寒さには比較的頑丈ですが、成長してからの夏の暑さに弱いので一般には夏まきして、小さい状態で夏越・・・

サトイモの土作りと施肥

高温多湿を好み、夏の暑さにも丈夫によく育ちます。しかし乾燥にきわめて弱いため、夏の乾燥を防ぐことが収穫を増やすコツです。霜に弱いので、秋の初霜でいっぺんに茎葉が枯れてしまいます。土寄せをしっかりとして・・・

サツマイモの土作りと施肥

サツマイモは、繊維質が多く、カロチンも豊富で健康に良い野菜です。家族そろっての収穫は楽しい思い出になります。 サツマイモは、ほかの野菜と違い、根のついていない苗を土に挿して生育させます。高温性の野菜・・・

キュウリの土作りと施肥

サラダや漬物でお馴染みのキュウリ。家庭菜園で手作りすれば、幼果から大果までさまざまな味や食べ方を楽しめます。 生育が早いキュウリは、家庭菜園で栽培するととても楽しい野菜です。風や乾燥にも耐え、長く収・・・

カボチャの土作りと施肥

家庭菜園用としては、育てやすい「みやこ」や「えびす」など、西洋品種から改良された苗が育てやすく、味のよいものができます。在来の日本種である「会津早生」「白菊早生」などを好む方もいらっしゃるかもしれませ・・・

夏まき秋冬どりキャベツの土作りと施肥

キャベツは一年中栽培でき、土も選ばないので家庭菜園向きの野菜です。難易度もさほど高くありません。夏まき秋冬どり栽培と、秋まき春どりの栽培があります。好みもありますが、夏まきは葉がやや硬くなり、味が落ち・・・

秋まき春どりキャベツの土作りと施肥

キャベツには、夏まき秋冬どりのものと、秋まき春どりのものがあります。夏まきの代表的な品種は、「早生秋宝」や「おきな」「うずしお」などです。一方、秋まき春どりの品種には、「金盃」や「金系201」などがあ・・・

オクラの土作りと施肥

オクラは、アフリカ原産とあって暑さにはすこぶる強く、真夏でも旺盛に生育します。 乾燥にも強く、有機物を多く含む壌土を好みます。 アオイ科であることから、花はアオイに似て非常に美しいです。花が観賞で・・・

アスパラガスの土作りと施肥

アスパラガスは、宿根性のため、一度根株を養成すると長年にわたって栽培できます。日本では北海道が主な産地です。地上15センチメートル〜20センチメートルに伸長した緑の新芽を収穫して食べます。新芽に土やも・・・

カブの土作りと施肥

春の七草では「すずな」としてお馴染みのカブは、古くから親しまれ、珍重されてきた野菜です。プランターでも作ることができ、家庭菜園にお勧めの野菜といえるでしょう。 冷涼な気候を好みます。低温には強いので・・・

ゴボウの土作りと施肥

キンピラにするとおいしいゴボウ。家庭菜園で手作りする人は意外と少ないのではないでしょうか? ゴボウの花をみたことがある人は少ないかもしれませんね。濃いピンク色の個性的な花です。家庭菜園の楽しみのひと・・・

小松菜の土作りと施肥

小松菜は、生育適温は18〜20℃ですが、低温にも強く、寒害を受けることなく越冬できます。また高温にも比較的耐性があることから1年を通して栽培できます。栽培は、比較的容易で、しかも栄誉満点、お味噌汁の具・・・

ジャガイモの土作りと施肥

ジャガイモは、カレーやシチューの具として、肉ジャガ、コロッケ、ポテトサラダ・・・と、家庭料理では最もお馴染みの野菜のひとつです。家庭菜園で手作りするには、早生で食味もよく、しかも育てやすい「男爵」が最・・・

シュンギクの土作りと施肥

シュンギクは、病害虫の発生も少なく、暑さにも寒さも強い野菜です。冷涼な気候を好み、発芽適温も15〜20℃と低いので、ほぼ1年中、タネまきができます。家庭菜園で作るのにはうってつけの野菜です。しかもキク・・・

ソラマメの土作りと施肥

空を見上げるようにサヤがつくことから「ソラマメ」というとか・・・。収穫期のソラマメは光沢があり、本当においしそうです。大粒で品質の良い「河内一寸」などの品種は、一寸ソラマメと呼ばれています。あまり早ま・・・

秋まき大根の土作りと施肥

大根は、1年を通して栽培できます。 春まき、夏まき、秋まき、および冬まきです。ここでは、「練馬大根」「聖護院大根」など、でお馴染みの秋まき大根の土作りについてご紹介します。 畑の準備と施肥 ・・・