ダビング10のTOPに戻る
「ダビング10」トップ >  ダビング10 > ダビング10がもたらすもの

ダビング10がもたらすもの

地上デジタルテレビジョン放送の認識が深まるにつれ、ダビング10などの録画方式についてもユーザーの関心が高まってきます。

地上デジタルテレビジョン放送に完全移行までに、2008年5月の地デジチューナ内蔵テレビ普及率34.2%を100%に近づかせる必要があります。その他のテレビチューナ内蔵PCにおいては1.8%の普及率にとどまっています。

あと3年間のうちに急速な買い替え需要とともに、各メーカのシェア争い激化が始まります。ビクターのテレビ事業撤退、東芝のHD-DVDの撤退と既にその兆候があります。
パナソニック、シャープ、Blu-ray Discが規格競争で勝利したソニーが大きくそのシェアを伸ばし始めています。しかし、常に新しい技術の流れに一つの規格が長く続く事は無いでしょう。
関連コンテンツ

ダビング10の前に

ダビング10を知る前に、まずは地上デジタルテレビジョン放送とあわせてご説明します。 ダビング10と地上デジタルテレビジョン放送、通称「地デジ」には密接な関係があるからです。 地デジの名称に・・・

地上デジタルテレビジョン放送の録画規制

地上デジタルテレビジョン放送が始まるということに関しては、もうテレビや新聞等で何度も説明されているので、知っている方も多いかと思います。 ここで重要なのは、従来のテレビが使えなくなるという事は、その・・・

ダビング10の内容1

地上デジタルテレビジョン放送が始まるにあたって、その録画形態にはさまざまな問題がありました。 デジタルデータは短時間での大量の複製を劣化しないままに行う事が出来、海賊版コンテンツに利用されやすいから・・・

ダビング10の内容2

ダビング10は、受信機内臓HDDにのみ対応した、他のメディアへのコピーを9回、ムーブを1回まで許可しているルールです。 このコピー9+ムーブ1の根拠は、「情報通信審議会 情報通信政策部会・デジタル・・・・

ダビング10の内容3

ダビング10の適用範囲は、基本的には地上波のすべての放送という事になります。 例えば、NHKの「ニュース7」にしても、NTVの「行列のできる法律相談所」にしても、CXの「めちゃ×2イケてる!」にして・・・

ダビング10の問題1

ダビング10は、コピーワンスと比較し、大分規制が緩やかになっています。 とはいえ、それでも問題は山積みです。 でなければ、2008年の6月辺りにはとっくに成立していた筈ですから、かなりの問題が生じ・・・

ダビング10の問題2

ダビング10の問題点の一つに、いわゆる孫コピーができない、というものがあります。 この孫コピーというのは、コピーした元データではないデータを更に別の媒体にコピーするというものです。 つまり、「A→・・・

ダビング10の問題3

ダビング10の問題の一つに孫コピーができないという事が挙げられますが、これによる最大の弊害は、2008年に東芝が撤退を表明した「HD DVD-R」の件です。 この「HD DVD-R」の何が問題なのか・・・

ダビング10の仕組み1

ダビング10は、どうやって孫コピーを規制しているのでしょう? その仕組み自体は、それほど複雑ではありません。 基本的には、ワンスコピーと同じだからです。 ワンスコピーは、一回のみのコピーが可・・・

ダビング10の仕組み2

ダビング10は、デジタルチューナー搭載のHDD録画機器への最初の保存のみ、一世代目のコピーとはみなさない技術によって整理しています。 では、もしデジタルチューナー搭載のHDD録画機器以外の録画機器で・・・

ダビング10のアナログ接続

ダビング10の大きな特徴の一つに、アナログ映像出力の管理が緩和された事が挙げられます。 ダビング10が提唱される前のコピーワンスにおいては、HDDレコーダーに録画している映像に関して、アナログ出力で・・・

ダビング10運用開始

ダビング10の内容が正式に公表されたのは、2007年12月20日でした。 既にこの以前から、地上デジタルテレビジョン放送の録画規制に関しては、かなり不満の声が挙がっていたので、コピーワンスと比較した・・・

ダビング10が与える影響

2008年7月より、ダビング10が運用開始となりました。 これまで、地上デジタルテレビジョン放送においてはワンスコピーという一度しかコピーできない仕様だったものが、10回までコピーできるようになりユ・・・

ダビング10の今後

ダビング10が運用され、録画機器の新しい規制に関しては一応の決着を見た形となりましたが、まだこのダビング10に不安を抱いている人も少なくありませんが、実際の所、通常のユーザーが、同じ番組を10回以上コ・・・