2008年7月4日午前4時にダビング10が解禁されました。

ダビング10が解禁されると、デジタルチューナー搭載のHDDレコーダーなどといったハードディスク搭載録画機器をでデジタルテレビ放送を録画後、DVDなどの媒体に対し、9回のコピー+1回の移動が可能になります。が…

多くのユーザーが勘違いしている点として、全てのデジタル放送がダビング出来る訳ではありません。電波に乗っている信号で、「自由に録画もコピーも出来る」、「1回だけ録画OK(この中でダビング10に移行される番組があるイメージ)」、今回始まる「ダビング10」、相変らずの「録画禁止」の分類が残ったままです。

ただ、今回ダビング10の解禁でこれまでのコピーワンスを基準に考えれば、通常使用で不自由をすることはありませんが、メディアの寿命や、東芝のHD-DVDユーザーにとってはDH-DVDからBlu-ray Discに移行が出来ないという大きな問題を抱えたままです。日本固有のユーザー度外視の規制を緩和して欲しいものです。


なお、ダビング10対応機器をご使用の皆さん!機器のソフトウエアが自動更新されますので、コンセントは抜かずにリモコンで電源を切って下さい。さらに、もう一点、ご使用の機器がダビング10更新後でも、ダビング10対応の放送がされない限り適応されません。ご注意下さい。

カテゴリー

パナソニック製品をお使いの方へ
パナソニック ダビング10対応機器製品とアップデート方法について
ソニー製品をお使いの方へ
ソニー ダビング10対応機器製品とアップデート方法について
シャープ製品をお使いの方へ
シャープ ダビング10対応機器製品とアップデート方法について
東芝製品をお使いの方へ
東芝 ダビング10対応機器製品とアップデート方法について
日立製品をお使いの方へ
日立 ダビング10対応機器製品とアップデート方法について
三菱製品をお使いの方へ
三菱 ダビング10対応機器製品とアップデート方法について
パイオニア製品をお使いの方へ
パイオニア ダビング10対応機器製品とアップデート方法について