CFP資格審査試験 のTOPに戻る

CFP 試験

社会変化や少子高齢化などで社会保障制度は改正されてきました。 平成19年度の年金制度改革では、70歳以上の会社に勤めている人の老齢厚生年金改正、65歳時点の老齢厚生年金改正、遺族厚生年金制度の見直し・・・
CFPの試験の1科目でもある相続・事業承継設計では、遺言(いごん)書の作成の知識も必要となります。 遺言書は意思能力があり、満15歳以上ならば単独で作成することができます。 また、成年被後見人・・・
投資は元本の保証がありません。 その中でも、どのような商品がリスクが少ないのかという知識は、試験に合格するうえでも、CFPとしても必要です。 MRF(マネー・リザーブ・ファンド)は、証券総合口・・・
個人向け国債は、CFPとしての知識として知っておかなければならない金融商品の1つです。 個人向け国債は、購入対象者を個人だけに限定した国債です。 1万円から1万円単位で購入できる個人で保有のしやす・・・
サブプライムローンに端を発した株式相場の下落により、より安定した国債など公社債に資金が流れています。 CFPとして、リスクの少ない債券である国債や地方債についてどのようなものがあるのか知っておく必要・・・
CFPは、経済状況の流れを熟知して資金計画を提案しなくてはなりません。 サブプライムローン問題は、世界の金融全体を揺るがす問題となりました。 サブプライムローンとは、何なのでしょうか。 ・・・
認知症の高齢者や知的障害者が、高額リフォームの次々販売など悪質商法の被害にあう事例が増えています。 本来、適合性の原則により、通常の判断ができない人が行った契約は無効ですが、判断力が低下していたとい・・・
相続人が複数いる場合、それぞれの相続人の相続財産の割合を相続分と言います。 各相続人の相続分は遺言で定めることができます(指定相続分)が、遺言による指定のない場合には、民法で定められた相続分によって・・・
CFPの試験では、相続・事業承継設計という科目があるので、相続税についてもしっかりと覚えておかなければなりません。 相続税は、これまでの税制改正や地価の下落によって、相続税を負担しなければならないケ・・・
平成20年度の税制改正の1つで、地方公共団体に対する寄付金税制が見直されました。 いわゆる、「ふるさと納税」です。 個人住民税の寄付金控除の対象に、所得税での寄付金控除対象となる寄付金(国、政・・・
投資信託などの金融商品を選ぶ際に格付けが指標として使われています。 格付けは、格付機関が金融機関や企業、政府、自治体などの発行体について債務の支払い能力などを評価するものです。 格付けは金融機関な・・・
いつでも購入・換金でき、一定限度内で株式を組み込んで運用する追加型株式投資信託(オープン型投信)には、次のようなものがあります。 CFPとして、どのようなものがあるのかを覚えておきましょう。 ・・・
CFPには投資信託の知識も必要です。 投資信託は様々の種類の株式や債券を組み合わせた商品です。 多くの投資家から集めた大きな資金で収益性の高い証券などに専門家が分散投資をして運用し、その収益を・・・
CFPには金融機関が経営破綻した場合に備えて、ペイオフについての相談もあります。 ここでは、預金保険制度について説明します。 預金保険制度の対象となる金融機関は、銀行(日本国内に本店がある)、・・・
CFPは多重債務や自己破産について基本的は知識を持ち、そうならないための、及び、そうなってしまった場合の基本的な対応策をアドバイスできなければなりません。 多重債務者とは5ヶ所以上のクレジット会・・・
税制は毎年、改正があります。 税制改正は、CFPになるための試験でも出題されやすいので、税制が改正された場合、その内容、計算方法を熟知しておかねばなりません。 平成19年分以後の所得税は改正さ・・・
青色申告には、いくつかの特典があります。 ・青色申告特別控除 不動産所得と事業所得を生じる青色申告者は、正規の簿記(一般的には複式簿記による記帳)に基づいた貸借対照表と、損益計算書を確定申告書・・・
所得税の申告には、白色申告と青色申告があります。 青色申告制度は、一定の帳簿書類を整えて自主的に正しい申告をしようとする人に対し、一定の特典を設けているので、この制度を選択すると所得の計算において有・・・
相続税の計算にも出てくる法定相続人とは、誰を指すのかをCFPの知識として知っておきましょう。 試験にも相続税の計算が出題されています。 相続人の範囲は民法で決められています。 死亡した人の配・・・
タックスプラニングでは、所得税、個人住民税、個人事業税、法人税、法人住民税、法人事業税、消費税、国外所得と資産にかかる税金、ライフプランにかかる税金、収入形態とそれにおける税金、税金に関する最近の動向・・・
リスクと保険は、CFPのための試験の1科目であり、ライフプラン全般を通して不可欠な要素です。 リスクマネジメントは、私達を取り巻く様々なリスクを分析・評価によって、リスクの重要度や危険度を顧客に気づ・・・
CFP資格審査試験の6科目の1つが、ライフプランニング・リタイアメントプラニングで、ライフプランを作る上で必要な知識が要求されます。 社会の動向についても関心を持って、普段より情報収集しておくことが・・・
CFP資格審査試験6科目の中で、不動産運用設計が1科目として試験で行われます。 日本では、資産の中で不動産が占める割合が大きい国です。 ファイナンシャル・プラニングでは、不動産の活用方法が重要・・・
CFP資格審査試験6科目のうちの1科目の試験が、金融資産運用設計です。 金融資産運用設計では、顧客の夢や目標であるライフプランの実現のために必要な金融商品全般の知識や利用方法の知識が必要です。 ・・・
CFPの資格は4つの要件(4E)に基づいて日本FP協会のライセンス認定が行われています。 ファイナンシャル・プランナー(FP)がファイナンシャル・プランニングを行う場合、顧客の家族の状況、資産状態な・・・
平成19年11月に行われた平成19年度第2回CFP資格審査試験の結果は、全6科目合格は654名で、合格率は9.1%でした。 しかし、科目別に見ると、金融資産運用設計は合格者851名、合格率34.9%・・・
CFPになるための試験で出題される6科目の中の1つが、相続・事業承継設計です。 相続・事業承継設計は、リタイアメントプランと平行した広範囲のライフプラン設計となります。 顧客の財産の継承等に重点を・・・
CFPになるためには、CFP資格審査試験に合格しなくてはなりません。 この試験は、AFPになるための2級FP技能検定とは違い、日本FP協会でのみ行われます。 試験は、現在、年2回行われています。 ・・・
日本FP協会には、CFPとAFP、2つの資格があります。 AFPは日本FP協会が独自に認定する普通資格です。 もう1つの上級資格が世界20カ国・地域で導入された世界共通水準のライセンスであるCFP・・・
AFPと2級ファイナンシャル・プラニング(FP)技能士の違いは、AFP資格審査試験を兼ねた2級FP技能検定試験に合格し、AFPとして日本FP協会に登録すればAFP・2級FP技能士であり、登録しなければ・・・

カテゴリー「CFP 試験」のトップへ↑